2013.8.2

motorola moto Xを正式発表 カスタマイズはAT&Tのみの独占提供の模様

motorola-moto-x1

かなりの関心が集まっていたmotorolaのmoto Xが正式に発表されました。

4.7インチ 1280 x720のAMOLED、SoCはmotorola X8(1.7GHzデュアルコア、GPUはAdreno 320)、RAM2GB。基本スペックは発表済みのDroid Ultraと同等ですね。X8というSoCはSnapdragon S4 Proをmotorola向けにカスタマイズしたものだそうです。

このmoto X、デザインをカスタマイズ可能で、アメリカで製造するということを謳い文句にしていた通り、注文時にいくつかのカスタマイズが可能になっています。カスタマイズ可能な範囲は確認できたものでは下記。

  • バックプレート16色 + 木材2種(黒檀?と竹)
  • フロントパネルは白と黒の2色
  • サイドのボタン、リアカメラ周り色を選択可能(16色?)
  • ストレージは標準16GB、カスタマイズで32GB選択可能
  • 背面に名入れ可能
  • 出荷時にGoogleアカウントを設定しておくことが可能

ただし、これらのカスタマイズはAT&Tに独占で提供されるようです(Moto Maker)。なので他のキャリアでは決まった組み合わせの中から購入することになりそう。とくにストレージ32GBはMoto Makerでのみの提供となるようなので他キャリアでは選択できません。

初期の噂ではmoto Xは最初の3ヶ月間AT&Tで独占販売されると言われていましたが、本体は他のキャリアでも販売されるようになったものの、「Design by You」の部分をAT&Tが独占する形になったのですね。

その他、主なスペックは下記。

名称 moto X
メーカー motorola
ディスプレイ サイズ 4.7インチ
  解像度 1280 x 720
  タイプ AMOLED
  保護
プロセッサ チップセット Motorola X8
  CPU 1.7GHz デュアルコア
  GPU Adreno 320
メモリ RAM 2GB
  ストレージ 16/32GB
  外部メモリ microSD対応
カメラ メインカメラ 10MP Clear Pixel
  フロントカメラ 2MP
ハード サイズ 129.3mm x 65.3 x 5.6-10.4 mm
  重さ 130g
  バッテリ 2200mAh
接続性 WiFi 802.11a/g/b/n/ac
  Bluetooth Bluetooth 4.0 LE + EDR
  NFC あり
  GPS あり
  センサ類 加速度、コンパス、ジャイロスコープ、近接センサ、気圧計
通信 2G GSM 850/900/1800/1900
  3G UMTS/HSPA + up to 42 Mbps, CDMA/EVDO Rev. A (CDMA model only)
  LTE LTE

販売は米国、カナダ、ラテンアメリカで8月末から9月上旬。契約込みで16GBが$199.99、Moto Makerで選択できる32GBが$249.99とのことです。契約込みの割に高いかな?

(via Phandroid, androidcommunity)
(source motorola)

タグ: , ,

back to top