Sprint向けのXFON XT1056がFCCを通過 筐体サイズは128.5 x 65mm?

Tinhte_Motorola_Xt912a-12

噂だけは色々でてくるものの、相変わらず正体が掴み切れないMotorolaのX Phone。今月始めにFCCでAT&T版のX Phone(XFON)とみられる「XT1058」が見つかり、Google I/Oで発表があるのではと期待されていましたが、結局何もありませんでした。そして今度はSprint向けXFONの「XT1056」がFCCで見つかっています。FCCIDは「IHDT56PB2」。

このXT1056、Sprint向けのCDMA端末で、同社の使用するLTE band 25に対応しています。そしてハード的にはHSPA+ 2100/1900/850MHzにも対応。

また資料を読むと、端末のサイズは128.5 x 65mmのようです。以前からディスプレイサイズは4.7〜4.8インチと言われていますが、4.7インチのNexus 4が133.9 x 68.7 mmなのでディスプレイサイズが正しければかなりベゼル枠が狭いですね。

それにしても、そろそろちゃんとしたアナウンスが欲しいところです。AT&T向けは8月、その他のキャリア向けには11月発売という噂もありますし、Googleが開発から手を引いたという話も出ています。一体どうなってるんだろう?

(via engadget)
(source FCC)

タグ: , , , ,

back to top