Amazonをガチャにするという発想

Amazonガチャ

スマートフォンを使った買い物代行サービスBuypassを提供している株式会社BearTailがAmazonから商品をランダムにピックアップして届けるという新サービス、Amazonガチャの提供を開始しました。

絵画等やアート作品の価値とはなんでしょうか。それは実用的でも無いし、生きていく上で無くてはならないものではありません。いわゆる趣味です。しかしながら、人々はそこへ対する投資を無駄遣いとは言いません。人生をより楽しむためのものだと語ります。

全く使えないものが届くかもしれないという所を含めて楽しめる人にとっては、これはそれと同じ、より刺激的な人生にする趣味です。

月額5,000円の有料サービスで、毎月4,500円分のアイテムをシステムがランダムにピックアップして届けてくれます。カテゴリーの指定などは一切不可。

まさにガチャっぽいサービスなのですが、福袋やガチャと違って、4,500円以上の価値のあるものが届くことはないというのが注意ですね。

この手のサービスは、払った以上の価値があるものが届くかもしれないという期待感が前提で成り立つものだと思うのだけど、そんなことはないのかな?

まぁ、実際のところ、これで利益を出そうとは思っていないのでしょう。既存のシステムを使って、注文は自動、発送はAmazonがしてくれるという半自動の仕組みがあるからこそ成り立つサービスですのね。

自社の宣伝にもなるし、うっかり利益が出たらもうけものというところかな?

なんだかんだ言ってもこういうのは嫌いじゃないのですが、さすがに5000円は出せないなぁ。

書くまでもないと思いますが、Amazonは一切関係のないサービスです。

(source Amazonガチャ)

タグ: ,

back to top