Windows 8 Pro版 Surfaceは2月9日発売

スクリーンショット_2013_01_24_5_41

前評判の割にあまりパッとしなかったWindows RT版のSurfaceですが、真打のWindows 8 Pro版 Surfaceが2月9日に登場します。

価格は$899〜。残念ながらRTのときと同様に米国、カナダでのみの販売となるようです。

主な仕様とRT版との比較は下記。

仕様Windows RTWindows 8 Pro
サイズ274.6 x 172 x 9.4mm274.6 x 173 x 13.5mm
重さ685g907g
ストレージ32GB, 64GB64GB, 128GB
ディスプレイ10.6″(1366×768)10.6″(1920×1080)
CPUQuad-core NVIDIA
Tegra 3
3rd Gen Intel Core i5 Processor
with Intel HD Graphics 4000
RAM2GB4GB
バッテリ31.5 W-h42 W-h
ポートFull-size USB 2.0
microSDXC card slot
Headset jack
HD video out port
Cover port
Full-size USB 3.0
microSDXC card slot
Headset jack
Mini DisplayPort
Cover port

ディスプレイのサイズは変わらないものの、解像度がフルHDになっています。本体は若干のサイズアップがありますがまずまずという感じでしょうか。ただ、さすがにタブレット端末で900gは重すぎる気がしますね。オプションのキーボードとセットにして、タブレット的な使い方もできるノートPC(UltraBook)というのが正しい認識かもしれません。

USBも2.0から3.0になっていたり、Video portがDisplay Portになっていたりという細かな変更が見られます。このスペックでバッテリがどの程度持つのか気になるところです。

相変わらずWindows 8にはあまり興味がわかないのですが、実際のところ使い勝手はどうなんだろうなぁ。私の周りにもWindows 8を使っているという人がいないし……。とりあえずお試しで買って見るならDELLのLatitude 10が良さそうな感じです。

(source Microsoft)

タグ: , ,

back to top