Nokia エントリークラスのWindows Phone 8端末 Lumia 620を発表

NokiaがWindows Phone 8なLumiaの新しい端末、Lumia 620を発表しました。Lumia 920、Lumia 820はサイズも重さもヘビー級でしたが、Lumia 620はエントリークラスの小型端末となっています(重さは他社ハイエンド並なんですけどね……)。

シェルは交換可能で7色展開となっています。どちらかというと若者向けという感じの端末ですね。価格は$249で来年のQ1にまずアジア地域で出荷開始され、その後欧州、中東で発売されるとのこと。

特にこれといったところがない平凡な端末ではありますが、ミドルクラスということになっているLumia 820がややハイエンドよりな端末だったので、HTC 8Sと競合するのはLumia 620になるんでしょうね。

とりあえず、Lumia 820、920とスペックを比較してみました。

Lumia 620 Lumia 820 Lumia 920
OS Windows Phone 8
Processor Dual-Core 1GHz Snapdragon S4 Dual-core 1.5GHz Snapdragon S4 Dual-core 1.5GHz Snapdragon S4
RAM 512MB 1GB 1GB
Storage 8GB+microSD 8GB+microSD 32GB
Display 3.8”(800×480) 4.3″(800×480) 4.5″(1280×768)
Camera 5MP 8MP f/2.2 8.7MP PureView
Dimensions(h) 115.4mm 123.8mm 130.3mm
Dimensions(w) 61.1mm 68.5mm 70.8mm
Dimensions(d) 11.02mm 9.9mm 10.7mm
Weight 127g 160g 185g
Battery 1300mAh 1650mAh 2000mAh
Bluetooth v3.0 v3.1 v3.1
NFC Yes Yes Yes
非接触充電 なし オプション Yes

個人的にはちょうどいいサイズです。ただバッテリ容量が少ないのは気になりますね。HTC 8Sでも1700mAhだし。あと、非接触充電は820の充電シェルのような感じでいいので対応して欲しかった。ひょっとしたらこれから出るのかもしれないけど。

価格的にもお手頃だし、結局920も820も手が出なかったので、これは買ってみようかと思ってます。

(via Engadget)
(source Conversations Nokia, Nokia)

タグ: , ,

back to top