auのHTC J butterflyはRetinaディスプレイを超える高精細 フルHDな5インチ端末

HTC-J-Butterfly-HTL21-3V-red

昨日は日本の3大キャリアでは最後となるauの冬春モデル発表がありました。スマートフォンは9機種。新しいG’zやXperiaなど気になる端末がありましたが、それよりも目を引いたというか、おお?っと思ったのがHTCの新機種以外は11月2日に一斉発売ということ。とりあえず発表だけしておいて発売は1〜2月とか来年春とか、「決まってないなら発表するなよ!」と言いたいことが多いだけにこれは素直に感心しました。これだけでも全力でauを応援したくなります。

そんなauの新機種の中で1機種だけ12月発売となったのがHTC J butterfly。ディスプレイサイズは5インチと大型端末になりますが、その解像度はスマートフォンとしては世界初となるFull-HD 1920 x 1080。440ppiと超高精細でRetinaディスプレイの326ppiを軽く超えてきました。うちの22インチディスプレイとと同じ情報量が5インチに収まってるとか考えるととすごいですね。

防水、おサイフ、ワンセグ、赤外線にNFCと日本仕様全部入りな端末でもあります。

画面サイズの近いdocomoのSC-05D、SC-06Dとスペックを比較すると下記のような感じ。

HTC J butterfly GALAXY S III SC-06D Galaxy Note SC-05D
OS Android 4.1 Android 4.0 Android 4.0
ディスプレイ 5”(1920×1080, 440ppi) 4.8″(1280×720, 306ppi) 5.3″(1280×800, 285ppi)
プロセッサ Snapdragon S4 Pro クアッドコア1.5GHz Snapdragon S4 デュアルコア1.5GHz Snapdragon S3 デュアルコア1.5GHz
RAM 2GB 2GB 1GB
ストレージ 16GB 32GB 16GB
サイズ 143 x 71 × 9.1mm 137 × 71 × 9mm 147 × 83 x 9.7mm
重さ 140g 139g 184g
カメラ 800万画素/210万画素 810万画素/190万画素 810万画素/196万画素
防水 IPX5
ワンセグ
おサイフ
赤外線
NFC

butterflyは画面サイズの割に横幅が狭くSC-06Dと同等。SC-05Dを常用するのはさすがに厳しいものがありましたが、これならなんとかなりそうです。また特に触れられてはいませんが、カメラについてもHTC ImageChipを搭載してHTC J同等の0.7秒起動などを実現しているのではないかと思います。

ん〜、素直に欲しいなぁ。今年はNokiaのLumia 920とこれで打ち止めかな?

(source au)

タグ: , ,

back to top