Boogie Board RipのVirtual Desktop Companion

rip1

先日購入したBoogie Board Rip、マニュアルには記載がないのですが、Virtual Desktop CompanionというPC上でBoogie Board Ripへの描画をリアルタイムで見ることの出来るツールが発売元のimprov electronicsのサイトで配布されています。

今のところWindows PC専用ですが、PCとBoogie Board RipをUSBでつなぐとPC画面上にRipのウィンドウが開き、Ripで描画したものがリアルタイムで表示されていきます。またRipを横向きにした状態で使うホワイトボードモードというのがあり、このときPC上の表示は全画面真っ白な状態(要するにホワイトボード)になり、Ripで描画したものが黒い線で表示されていきます。

Ripでは保存する場合には予め「Save/Wake」ボタンをおしてRipをActiveな状態にしておく必要がありますが、Virtual Desktop Companionを使っている場合にはそれを気にする必要はありません(つまり、PCとつないでいる間は常にActiveです)。この状態でSaveボタンを押すと、保存、メールへの添付、Evernoteへの送信というボタンが表示されます。Evernoteと連携するには予めEvernoteクライアントをインストールしておく必要があります。Rip単体での場合と同様に保存や添付などはすべてPDFです。

注意点としては、PC上のVirtual Desktop Companionで認識される描写は、付属のスタイラスを使った場合のみです。指先で書いたものなどが認識されないのはRip単体で使う場合と同様です。

会議などでみんなで見ながら使うにはいいかもしれませんが、PC上で見ながら書くという利点はあまり感じません。どちらかというと、Wakeボタンを押さなくてもいつでも保存できるというあたりがメリットでしょうか。

タグ: , ,

back to top