Androidのアプリランチャー SwipePadがなかなか良さげ

unnamed

スマートフォンのUIとしては、Nokia N9に採用されているMeeGoのSwipe UIが最高だと思っているのですが、ひょっとしたら化けるんじゃないか?と思うAndroidのランチャーを見つけました。それがSwipePadですが、決して新しいアプリではなく、昨年上旬にそれなりに話題になっていたようです(まったく気づきませんでしたが……)。

今回、Phandroidで紹介されていたので知ったのですが、なかなか快適です。

swipepad2

これが何者かというと、要するにアプリランチャーなのですが、画面の縁9箇所(右上隅、左上隅、右端(上半分)、右端(下半分)、左端(上半分)、左端(下半分)、右下隅、左下隅、下端)(それぞれ設定によって無効にできます)からSwipeすることで、他のアプリが起動中でもアプリを切り替えられるというものです。

swipepad3

Swipeするとこんな画面になるので、サークルを起動したいアプリの上に持っていくだけでOK。空欄(スロット表示)に合わせるとアプリの登録が可能です。

デフォルトでは、この画面(Pad)は1枚だけですが、有料のアドオンを購入するとSwipeする箇所によって複数のPadを切り替えたり、タスクの切り替えが行えたりするようです。

公式の紹介動画もあったのですが、あまりにもあっさりしていて何をしているのかイマイチわかりにくい気がしたので動画を撮ってみました。

若干操作がたどたどしいのはカメラで撮影しながらだったからです。実際には片手で楽に操作できます。

まだまだMeeGoのSwipe UIには及びませんが、まだバージョン1にもなっていないので、今後が楽しみになアプリです。

(via Phandroid)
(source Google Play – SwipePad)

back to top