新型Kindle Fireは5〜6のバリエーションになるという噂

KO-slate-05-lg._V164817984_

Google Nexus 7の登場で少なからず影響を受けているであろうAmazonのKindle Fire、新型が今月31日も発表されるという噂がありますが、そのラインナップについて大手小売店Staplesの社長が興味深い発言をしています。

Reutersに語った内容によると、Amazonは10インチモデルを含めた5〜6のSKU(Stock Keeping Unit、在庫保管単位)を導入予定とのことです。

SKUということなので画面サイズの違いで5〜6種類ということではなく、ストレージのサイズ違い、例えば10インチモデルの8GB/16GB/32GB、7インチモデルの8GB/16GB/32GBで6種類ということは十分考えられます。

Nexus 7の売れ筋がGoogleの予想に反して(googleは8GBが売れ筋になると予想していたそうです)16GBになっており、そのNexus 7との差別化を考えると同じ7インチモデルでNexus 7にはない32GBモデルを投入する可能性は高いように思えます。もしくは、従来なかった3Gモデルを追加して7インチの8GB/16GBそれぞれに3G/WiFiで4SKU、10インチの8GB/16GBでトータル6SKUという可能性もありそうです。

いずれにしろ従来通り価格は据え置き(既存モデルは値下げ)となるでしょうからこの夏はNexus 7とKindle Fireの対決が熱くなりそうですね。これにiPad miniが加わってくると一気に持っていかれそうな気もしますけど。

(via The Verge)
(source Reuters)

タグ: , , ,

back to top