softbankも夏モデルを発表 放射線測定機能搭載のPANTONE5が気になる

pantone5

au、docomoに続き、softbankも夏モデルの発表を行いました。が、あんまり盛り上がらなかったような気がします。まぁ、iPhoneしかまともに売る気がないキャリアなので仕方がないとは思いますが。いっそのことiPhone専売にしちゃったほうが料金プランもシンプルになるし、変な開発費がかからない分、安くできそうな気がするけどなんでやらないんだろう?

そんなsoftbankの夏モデル、スペック的にもデザイン的にも見るべきものは特にないのですが、唯一PANTONE5の放射線測定機能だけは気になります。

「携帯に放射線測定機能を付けてほしい」という要望に答えたもので、主に放射線問題に敏感になっている主婦層をターゲットにしているとのこと。週アスPLUSに測定方法が載っているのですが、ボタンを押して10秒程度で測定完了するようです。ただ、測定結果のSNSでの共有などは考えていないとのことで、これはsoftbankらしくないなぁっという気がしました。地面からの高さなど測定条件がバラバラだからというのが理由のようですが、だったら地面からの高さを手動入力できるテンプレートを作るなり、高度計を乗せて自動計測するなりやりようはいくらでもあったはず。発表会でもこの機能については特に触れなかったということなので、とりあえず搭載はしてみたけどsoftbank自身が微妙か必要なのかどうなのかと半信半疑になっているのかもしれません。その結果、中途半端な実装になっているのではないかと。考え過ぎかな?

最近は薬局でも放射線測定器が売っているような時代だし、政府発表よりも地表付近では数倍高い放射線量になっているという話もあるし、手軽に放射線が計測できるのは良いことではあると思います。本当はこんなものが必要とされないことが一番なのですけどね。

タグ: , ,

back to top