金環日食に備えて自作フィルターで太陽を撮影してみた

20120513_154512.jpg

金環日食まで1週間。ということで、前回書いたとおりカメラ用の日食撮影フィルタを自作してみました。使用したのはアストロソーラーフィルターというやつ。ND5相当(1/100,000以下に減光)でレンズメーカーのケンコーが販売している日食グラスもこのアストロソーラーを使用しています。

カメラ用のNDフィルタは完全にカメラ用で作らているため肉眼では使用できないものがほとんどなのですが、これは肉眼でも使用可能です、もともと望遠鏡や双眼鏡での使用を想定して作られているようです。

そんなアストロソーラーを使用したカメラの自作フィルタですが、大まかな作り方は説明書が付属してます(双眼鏡での例は公式サイトでも公開されています)。

IMGP0981.JPG

とりあえず私はPENTAX DA 55-300mm F4-5.8EDと付属のフードを使用してみました。

IMGP0989.JPG

フードに直接アストロソーラーを貼り付けても良かったのですが、取り外せるように公式サイトでも紹介されているとおりに厚紙で枠を作ります。

IMGP0992.JPG

その枠にアストロソーラーを貼り付けます。多少のシワやたるみは大丈夫なようです。

IMGP0993.JPG

貼りつけた端がめくれてこないように更に上から枠を重ねて完成です。

IMGP1017.JPG

早速撮ってみた写真がこれです。300mmを手持ちで撮影。シャッターは1/500。太陽黒点がはっきり見えますね。これなら金環日食も十分撮影できそうです。

シャッター速度を変えて何枚か撮ってみたのですが、1/500〜1/640あたりが黒点がはっきり見えて良い感じでした。ただ、太陽を撮ってる!という雰囲気になるのは1/320あたりですね。これは時間帯や天候によって変わると思うので、21日の本番では設定を変えて撮りまくるしかないと思います。あと、やっぱり三脚はあったほうがいいですね。

21日は雨になるという予報も出ていましたが、なんとか晴れて欲しいなぁ。全国の晴れ男・晴れ女を関東に集めるっていうイベント、開催してたりしないのかな?

タグ: , , ,

back to top