ガジェットの表面を磨くのに時計風防用研磨剤サンエーパールを使ってみた

7183986038_5f5f9681cd

サンエーパールを購入してみました。何者かというと、時計の風防(文字盤上の透明な部分)を磨く研磨剤です。要するに超微粒子のコンパウンドですね。本来、時計店のなどで使われるもので小売はしていない商品のため、パッケージ等はありません。それがまたプロフェッショナルツールっぽくてよいです。

万年筆の擦り傷を消すのによさそうなものはないかと探していた時に見つけました。万年筆マニアの間でも評判がいいみたいです。

IMGP0949.JPG

万年筆だと効果の程がわかりにくいかもしれないと思い、手近にあったPocketWifi GP02で試してみました。磨く前はこの状態。毎日持ち歩いているだけに傷だらけです。

IMGP0971.JPG

これがサンエーパールをキムワイプに付けて磨いた状態。さすがに深い傷は取れませんが、細かな擦傷は気にならなくなります。気合を入れて磨けばもう少し綺麗にできるかもしれません。

プロの職人さんは、風防に付いた傷を消すときにまずサンドペーパー等で傷の深さまで全体を削り、その上でサンエーパールで磨いたりするそうです。そこまで深い傷でなければ粗目のコンパウンドを使ったあとの仕上げ用としてサンエーパールを使うのがいいかもしれません。

同様の目的に使えるものとして、プラモデル用のセラミックコンパウンドがありますが、値段はサンエーパールのほうが安いですね。入手性の良さでは後者だと思いますけど。

IMGP0967.JPG

ついでなので、久しぶりにCRYSTAL COAT #01でコート。今調べてみたら、私が持ってる小さいタイプ(80ml)はなくなって、200mlの大きなタイプだけになってしまったようですね。5〜6年前にかった80mlのがいまだに残ってるのに、200mlはちょっと使い切れないんじゃないかと思う……。

タグ: , , ,

back to top