なにげにコストパフォーマンスが高いカメレオンSIMが登場

IIJやbiglobe、Hi-hoなどに先行されていましたが、bmobileからもdocomoのLTE(Xi)回線を利用できるSIMが登場しました。名前はカメレオンSIM。必要に応じて3つのプランを自由に変更できることから、場所に順応して自らの色を変えるカメレオンにちなんでの命名とのことです。デザインもこれまでになく可愛らしくポップな感じになっています。

利用方法としては、まず初期費用が5800円。これでLTE対応回線が21日間もしくは通信量が3GBに達するまで利用可能です。その後は、以下の3つのプランから選択することになります。

  • オートチャージ U300 1M 2,480円 30日間
  • オートチャージ フラット 1M 5,400円 30日間または5GBに達するまで
  • オートチャージ Fair 1GB 8,800円 120日間または1GBに達するまで

IIJmioのファミリープランなどと違い、フラット 1MやFair 1GBで上限容量を使い切った後は128KBの低速接続……とはならずに契約期間が残っていてもその時点で継続なりプラン変更なりをしないと通信できなくなるので注意が必要です。といっても従来の1GB定額やFairと同じですけど。

それぞれの料金プランは、従来のプランであるU300(2,980円/月。1年契約で2,484円)、Fair(9,800円)よりも安く設定されているだけでなく、フラット 1Mはbmobile中最速で通信量あたりの単価が最安のプランとなっています。また、bmobile中最安というだけでなく、IIJmioやBiglobeと比較しても1GB以上をがっつり使いたいならもっとも安上がりなプランでもあります(本家docomoのデータ定額を除く)。例えばIIJmioのファミリーシェア1GBは2,940円で1GBまで使え、その後は525円/100MBとなるので5GB使おうとすると23,940円かかります。

2年縛りがあってもいいなら本家docomoでの契約が断然やすいですが、たまに高速通信を使いたいというような場合にはbmobileが良さそうです。

なお、カメレオンSIMの提供開始は3/31となっています。

(source bmobile)

タグ: , , ,

back to top