海外通販時の運送業者

P7120957-800x600

以前に比べると海外通販の敷居もだいぶ下がってきたように思いますが、配送についてはまだまだ戸惑っている人もいるみたいです。というか私がしょっちゅう戸惑ってます。

というわけで、私がこれまで利用した業者をいくつか紹介、比較してみたいと思います。

USPS(The United States Postal Service)

アメリカの郵便業者です。ebayとかで安い買物(液晶保護シートとか)をするとこれで送られることが多いように思います。海外(日本)への発送には下記の2つの種類があります。

  • Priority Mail International
  • Express mail international

Priorityのほうはいわゆる普通郵便で、大体10日前後で日本に届きます。Expressのほうは速達で3~5日程度で届きます。もちろん後者の方が高い($50程度)ですが、品物によってはどちらも大差ない金額になったりします。

日本国内では郵便局が配達してくれるので、通関さえすれば日本に入ってからの動きは早いです。

UPS(United Parcel Service of America)

USPSに似ていますがこちらは宅配業者です。アメリカ国内配送ではかなりメジャーだとか。あまり使ったことがないのですが、1週間程度で日本に到着したと思います。国内の配送は自社で行う場合もありますが、ヤマトに委託することが多いようです(うろ覚えですが、以前は郵便局が配達していたような気も……)。

FedEx

かなりメジャーな運送業者です。自前で通関しているのか事前に書類申請しているのか、通関が異常に早いです。ほぼ足止め無しで通関します。

  • FedEx International Economy
  • FedEx International Priority

の2種類がありますが、前者で1週間以内、後者では深夜(アメリカの日中)に注文するとその日の夕方には日本に到着したりすることがあります。国内配送はエリア内であれば自前で配送、郊外だと委託業者(西武運輸)になります。しかしながら、自前配送の場合配達は17:00までで夜間配達はしてれません。当日再配達、土日の配達もなし。西濃のほうも当日再配達はしてくれないので、日本国内に入ってからのほうが日数がかかったりすることがあります。平日昼間に受け取れるならおそらく最速です。

DHL

こちらもメジャーですが、FedEx同様個人では使いづらいです(平日昼間に受け取れるなら別)。大体1週間以内に到着しますが、国内配送は自前で行っているようです。以前は佐川急便に委託していたようですが(いまでも地域によっては委託しているかも)、私の場合は委託はできないと断られました。

配達は17:00まで当日再配達はなし。土日の配達も行っていませんが、事前に依頼しておけば土曜日の午前中のみ配達してくれます。ただ、配達日を指定すると(再配達になると?)保管料(725円)なるものをとられます。

使いやすいのを使えばいい

これ以外にも転送業者などを使う場合にはヤマトの国際配達が利用可能だったりするので、そういうのを使うのも手です。ebayで購入する場合にはSellerにお願いすると差額で指定の配送業者を使ってくれる人もいます。

個人的にはUSPSが使える場合にはUSPSを選ぶようにしています。どんなに早く日本についても受け取れなければ意味がないので。ただUSPSは保険がつかないので要注意(付加することも可能)。私はありませんが、荷物の紛失ということもままあるようです。FedEx、DHLは早いし一定額の保険が自動でついたはずなので、平日昼間に自宅で受け取れるなら利用したほうがいいですね。

タグ: , ,

back to top