Galaxy Noteの外観の違い

galaxynote

既にアジア、欧州で発売されているGalaxy Noteですが、カナダでも発売開始となりました。型番はGT-N7000なので既に発売されているグローバルモデルと同じものですね。

Galaxy Noteにはいくつかの型番があったりするのですが、広く販売されているのは、GT-N7000というモデルです。GT-i9220という型番を目にすることもありますが、実はGT-N7000と同じだという話です。もともとGT-i9220というコードだったのを途中でN7000に変更したのだとかGT-i9220は中国向けの型番だそうです。そのほかに、韓国で発売されているLTE対応のモデルとして、SHV-E160S、SHV-E160K、SHV-E160Lの3機種があります。末尾の違いはキャリアの違いです。

以上の型番は外観上同じ(写真左側)ですが、米AT&Tで発売を控えているLTE対応のSGH-I717は外観が異なります(写真右側)。SamsungのGalaxyシリーズに共通の下部にあるホームボタンがAndroidっぽい4つのタッチボタンに変更されているのですが、個人的にはこちらのほうが好みですね。

SamsungはGalaxy S2も米T-Mobile向けにはこのセンターボタンを廃止したデザインの筐体を採用しています。Appleにデザインをパクったと訴えられた影響なんですかね?

docomoから出るらしい日本向けのGalaxy Noteは、おそらくN7000と同じホームボタンのあるデザインになると思いますが、AT&T仕様の筐体で出してくれないかなぁ。

タグ: , , ,

back to top