A7ノートを糸かがり綴じで作ってみる

IMGP9809.JPG

私はアナログ的なレザークラフトや手帳、万年筆などの文房具や、デジタルなガジェット類のどちらも好きなのですが、そのどちらにも等しく興味を示しているかと言うとそうでもなく、デジタルに傾倒する時期とアナログに傾倒する時期が割と頻繁に入れ替わっています。

で、いまはアナログ的なものがメインになっている時期なのです。というわけで、なんとなくA7サイズのノートを作り始めてみました。紙はまえにヤフオクで購入したトモエリバー。糸かがりの方法をこちらのサイトで見ながらやってみています。

市販のものではA7サイズだと糸かがりは2箇所のものが多いですが、今回は3箇所で作っています。そしてなぜ2箇所のものが多いのかわかった気がします。単純にものすごい手間がかかるのです。コストダウンを考えたら、まっさきに2箇所にしますね、これは。

そんなわけで完成まではまだしばらく掛かりそうです(そもそも完成するのかも怪しいです)が、これがちゃんと作れたら、次は革装のA7ノートを作ってみたいと思ってます。

タグ: , , ,

back to top