ミニミニ切出を買ってみた

IMGP9802.JPG

刃物の話が続きますが、ネットで自作ナイフのことを知りました。アウトドアの活動を趣味としているわけではないので使い道はないのですが、面白そうだしなによりかっこいい!っと思ってしまったので、何か材料的なものが手に入らないかと新宿の東急ハンズへ。

残念ながら自作ナイフに使えそうなものはなかった(ステンレスとかの金属材料などは豊富にありましたけど)のですが、代わりに見つけたのが写真のナイフ。ナイフといっても刃渡り5cmほどの小さなものです。ミニミニ切出という名前がついていました。1,050円。形が不揃いのものが6本ほど同じ値段で売っていたので、おそらくこれように製品化しているわけではなく、他のものを作る過程で割れたり欠けたりしたものをミニミニ切出として売っているのではないかと思います。刃の形も切出とは違うし。写真のものでいうと、刃から柄にかけての部分に本来なら指が刃にかからないよう突起がある部分が割れてなくなっている感じです(憶測なので、もともとこの形なのかもしれません)。

まぁ、そんな不具合は気にならないし、なにより安いの試しに購入してみました。で、家でじっくりとみてみたら、安いくせに作りはちゃんとした和刃物です。写真ではわかり難いですが、材料はどうやら現代ダマスカスのようです。この手の小刀ではダマスカスを使うことも多いみたい。

IMGP9808.JPG

とりあえず柄の部分を作ってみようかと、写真に写ってる黒檀の板も買ってきたのですが、家に転がってた皮ひもを巻いたらそれっぽくなったのでしばらくはこのまま使ってみようかと思ってます。

タグ: , ,

back to top