無線LAN内蔵のSDカード規格

SD

SDカードの規格化団体SDアソシエーションが、SDカードに無線LAN機能を組み込んだWireless LAN SD規格を発表しました。

The Wireless LAN SD standard combines the world-leading memory card storage
standard with the ubiquitous wireless standard IEEE$802.11a/b/g/n, part of the
Association’s strategy to expand SD services and features by incorporating other global standards. This standard is applicable to full size SD/SDHC/SDXC and microSD/SDHC/SDXC memory cards. It taps into a billions-strong SD standards market for which manufacturers can develop products and consumers can reliably use Wireless LAN applications.

プレスリリース

対象となるのはフルサイズとmicroサイズのSD、SDHC、SDXCで、「W」マークのWeb interface規格と「D」マークのHome Network interface規格の2種類があります。前者はサーバへのアップロードの他、P2Pに対応。スマートフォンやタブレットとのP2P通信が行えます。後者はサーバーアップロードの他にホームネットワークでの利用に際した機能(DLNA対応のことだと思います)に対応しているとのこと。ホームネットワークでは「 TVなどの無線コントロールポイントとして使える(Use Wireless LAN SD memory cards as wireless control points for other devices,such as TVs, in a home network.)」という記述がありますが、具体的にはどういうことなのかいまいちわかりません。

今回はとりあえず規格が発表されたというだけで、すぐに利用できるというわけではありませんし、それ以前に無線LAN内蔵SD自体も製品化されていません。年内には何かしらの製品が登場するのではないかと思いますが、同様の製品としてすでに製品化されているEye-Fiを脅かす存在になるには時間がかかりそうですね。

私もPentax K-rでEye-fiを利用していますが、一々PCとつなげたり、SDを抜き差ししなくて済むので大変重宝しています。

規格だけ発表されて、製品が登場しないということも十分ありえる話しではあるので、今後の展開に注目したいと思います。

[via マイナビニュース]

タグ: , , ,

back to top