NORADのサンタ追跡プログラムがスタート

santa

今年もNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)によるサンタの追跡が始まりました。これを書いている時点(18:37)では北極を飛び立ったばかりです。

サンタは1件あたり、0.0002~0.0003秒の速さでプレゼントを配らなければならないらしいので、肉眼で捉えるのは至難の業です。おとなしくNORADの追跡情報を見ているのが確実ですね。

サンタは今年で1600歳ということですが、上記のような速度で移動を続けていれば、相対性理論により時間の進み方が遅くなり、あまり歳はとらないのかもしれません。

タグ: ,

back to top