スマートフォン向けリアプロジェクション・ディスプレイ LightPad

lightpad

スマートフォンとドッキングしてノートPCのように使える、というものはすでにMotorola ATRIXなどが出ていますが、こちらはドッキンするわけではなく、単なるディスプレイです。単なるディスプレイですが、リアプロジェクション採用。半透明なディスプレイが立ち上がる姿はなかなかSFチックです。そして、リアプロジェクションだけでなく、フロントプロジェクションに切り替え、通常のプロジェクターのように使用することも可能となっているのが特徴です。

来年発売予定の初期型に加え、すでに再来年発売予定の第2世代まで計画されておりスペックは下記のようになっています。

SpecificationG1 (2012)G2 (2013)
Brightness in Rear Projection mode, 11 inch540 nits @ 2.5W540 nits @ 1.5W
Rear Projection Screen gain3.53.5
Brightness in front Projection mode18 lumens50 lumens
Resolution854 x 4801280 x 720
Battery life5 hrs7 hrs
InterfaceHDMI, MHLHDMI, MHL
Mechanical dimensions (closed)257 x 207.5 x 12.0 mm257 x 207.5 x 6.0 mm
Weight550g350g
Color Gamut100% of NTSC100% of NTSC
Supported smartphonesAll smartphones with HDMI/MHL outputAll smartphones with HDMI/MHL output

スマートフォンとの接続は特にアプリなどは必要なく、スマートフォン本体のHDMI/MHL出力を使用します。このため、OSには依存せず、ハード的にHDMI/MHL出力に対応していれば使用可能です。HMLというのはあまり馴染みがないですが、microUSBポートから画像出力する規格でGalaxySなどが対応しています。

キーボードについての言及がありませんが、おそらくはBluetooth接続ではなかろうかと思います(ひょっとしたらUSB接続なのかも)。

詳細は、来年1月10日-13日にラスベガスで開催されるCESで発表されるとのことです。

[via engadget]

タグ: , ,

back to top