Come Back Nokia to Japan 2に行ってきた

cbnj

今日はNokiaユーザがNokiaの日本復帰を願うイベント、Come Back Nokia to Japan 2(CBNJ2)に参加してきました。今年が2回目ののイベントですが、昨年は参加できなかったので、CBNJ自体は初参加です(それ以前のN900イベント、N97イベントには参加してました)。

会場はアスキーメディアワークスの会議室を借りて行われました。週アスプラスでもUstreamの中継が行われていました(録画したものはこちら)が、そのうち週アスにも小さく載るんじゃないかと思います。なお、アスキーの会議室はみんな外国の名前がついているのですが、今日の会場はハワイ、懇親会会場となった休憩室はリオデジャネイロでした。

イベントは、

  • Nokiaが帰ってきたっ! 講演者:山根康宏氏(携帯電話研究家)
  • NokiaユーザーのためのWindows Phone入門 講演者:山口健太氏(Windows Phoneブログ『ななふぉ』管理人)
  • Nokiaの新戦略とN9の魅力 講演者:ピードラ氏
  • スマートフォン座談会 ACCN(週刊アスキー副編集長)、山根康宏氏、山口健太氏、ピードラ氏

という構成で行われたのですが、中でも「ななふぉ」管理人の山口さん(@tezawaly)の話は、私がWindowsPhoneに詳しくないということもなり、とても興味深い内容でした。

今日の結論は、やっぱりLumia 800は買わなきゃ。

N9cyan

会場で見せてもらったNokia N9のCyan。Blackとは違う雰囲気があって良いですね。隣はS40のX3。スマートフォンではなく、フューチャーフォンの位置づけですが、こういう端末を大量に作れるのがNokiaの強みです(落ち目のイメージがありますが、フーチャーフォンを含めた携帯電話の販売台数では、ダントツで第1位とのこと。なんと四半期毎に1億台、年間4億台販売しています。2位はSamsung。Ustreamの山根さんの講演でこの話題が出てきます)。

20111127 008

リオデジャネイロ(休憩室)にはほぼ人と同じ大きさのガンダムとザクがいました。

懇親会では、最新のVERTU機種(日本での価格は60万以上とのこと!なお、購入したその日にイギリスから購入お礼の電話がかかってきたそうです)を見せて頂いたり、恒例のじゃんけん大会でいろいろとお土産をもらったりと楽しい一日でした(相変わらず、懇親会ではほとんど人と話をしませんでしたが……)。

タグ:

back to top