$499の3Dプリンター Printrbot

3Dプリンターというと真っ先に「Thing-O-Matic」が思い浮かべてしまいます。価格は約10万。それでも3Dプリンタとしては激安だということで話題になりましたが、そんなThing-O-Maticよりもさらに安い、$499の3Dプリンタが登場しました。

RepRapをベースとするPrintrbotは、499ドルの、誰でも買える3Dプリンタだ。これは、一般から資金を集めるKickstarterに資金を募ったプロジェクトで、組み立てに要する時間は数時間、いくつかのお値段レベルがある。たとえば199ドルなら、エクストルーダがない。500ドルなら、何もかも全部揃っている。拡張可能で、’印刷物’のサイズは5 x 5 x 5インチから12 x 12 x 12インチまで。

ついに500ドルの3Dプリンタが登場–クリスマスプレゼントにいかが?

$499(約38,000円)で3Dプリンタが買える時代になったのですね。Thing-O-Maticと比べて性能がどうこうというのはわかりませんが、プラスティックフィラメントを使用するのは同じみたいです。あと、Thing-O-Maticがノズル固定でステージが前後左右に動くのに対して、こちらは横方向のみノズルの移動となるようです。

なお、$499には米国内の送料が含まれていますが国際送料は別途必要。日本への送料は$54のようです。

タグ:

back to top