バッファローからPogoplug内蔵のリンクステーション発売

cs-wv_r1_m1

メルコホールディングス(東・名 6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木 邦明、以下バッファロー)は、スマートフォン及びタブレット端末向けハードディスク「LinkStation Cloud Edition(リンクステーション クラウドエディション)」を発売します。
 大容量・データ保護対応モデル「CS-WV/R1シリーズ」(容量:4TB、2TB)及びエントリーモデル「CS-Xシリーズ」(容量:2TB、1TB)ををラインナップ。
 2011年11月下旬より、全国のスマートフォンを取り扱う家電量販店・パソコンショップなどでお求めいただけます。

月額無料のパーソナルクラウドを自宅で実現。スマートフォン用ハードディスク「リンクステーション クラウドエディション」

バッファローからPogoplug機能内蔵のリンクステーションが発売されます。ラインナップはRAID1に対応した容量4TBのCS-WV4.0/R1、同じく2TBのCS-WV2.0/R1(それぞれRAID1使用時は有効な容量は半分)、RAIDのない2TBのCS-X2.0、1TBのCS-X1.0の4種類。CS-WV/R1シリーズはUSBによるHDDの増設にも対応します。

pogoplugには興味はあるけど取っ付きにくい、サイトの説明を見てもなんだかわからない、という人にはpogoplugと外付けHDDを別々に購入する必要もないし、セットアップ方法も専用サイトで解説されているので迷うことは少なそうです。

私はすでにpogoplugと外付けHDD(RAID1で2TB)を使用していますが、電源を別々に取らなければいけないのと、意外と置き場所に困る(それぞれバラバラなので)のとで、1つにまとまっているこの製品はちょっと興味があります。ただ、ちょっと高いですね。

11月下旬発売予定ですが、Amazonでは既に予約受付中。CS-WV4.0/R1は定価より1万円も安くなっています。

タグ: , , ,

back to top