所有している電子書籍リーダの比較をしてみた

IMGP9290.JPG

最近はいろいろな電子書籍端末が登場し、「手に入らなくて大変」という昔の状況から「選ぶのが大変」という状況になりつつあります。

そんなわけで、私が使ってきた端末を勝手に比較してみました。「書籍をPDF化し、それを端末上で読む」場合を想定しての比較です。端末選びの参考になればと思います(私が持っているのはiPad2ではなくiPadなのですが、すでにAppleのサイトから消えているのでiPad2のスペックを記載しています。評価はあくまでも先代iPadのものです)。

Nook touchkindleKindle KeyboardPRS-T1iPad2(WiFi)Flyer
OSAndroidKindle OSAndroidiOSAndroid
価格$99$109$13919,80044,800$565
サイズ(H)165.1mm166mm190mm173.3mm241.2mm195.4mm
サイズ(W)127mm114mm123mm110mm185.7mm122mm
サイズ(D)11.9mm8.7mm8.5mm9.6mm8.8mm13.2mm
重さ212g170g241g168g601g420g
ディスプレイE-Ink 6インチ(600×800)9.7インチ(1024×768)7インチ(1024×600)
階調16階調グレースケール1,677万色
タッチパネル方式静電容量方式光学式(赤外線)静電容量方式静電容量方式(電磁誘導方式併用)
バッテリ持続時間2ヶ月最長5週間(1日30分読書時)WiFiでのインターネット、ビデオ再生、音楽再生:最長10時間WiFiでのインターネット閲覧:6.5時間 WiFiオフでの動画再生:8時間
内蔵メモリ2GB2GB4GB2GB16GB, 32GB, 64GB32GB
外部メモリmicroSDmicroSDmicroSD
携帯性 ◎ ◎ ○ ○ × △
片手で操作性 ○ ◎ ◎ ◎ ×
PDFの表示性能 △ ○○+ ◎
総合判断 △- ◎ △+ ◎ × ○

最後の4項目は完全に主観による評価です。あくまでも、「書籍をPDF化し、それを端末上で読む」場合なので、雑誌を読むとか電子書籍を読むという場合には違った評価になるはずです。

この中では、新型kindle、sony reader(PRS-T1)がダントツで使いやすいです。「PDFを読む」という目的でなら、この2機種のどちらを選んでも満足できます。これが「電子書籍を読む」となると、国内ではPRS-T1ってことになりますね。

PDFを表示させるだけならiPadやFlyerはカラー表示可能で高精細なので綺麗に表示できます。ただ、Flyerはともかくとして、iPadで文庫サイズのPDFを読むのは逆に疲れます。雑誌ならダントツでiPadなんでしょうけど。E-Ink勢では、余白調整機能が秀逸な分、PRS-T1が頭一つリードです。Nookが「△」なのは、標準のReaderアプリでは使いづらいから。rootをとれば「○」評価ですね。

本当はStreak(5インチAndroid)を加えるべきなのですが、Streakを最近使っていないのと、ブログの表示エリアの都合で割愛。感覚的には総合判断は「○+」ってところです。

タグ:

back to top