2011.10.18

ドコモ2011-2012年冬春モデル発表 Nexus Primeも11月に発売

docomo

今日はdocomoの2011-2012年冬春モデルの発表会がありました。全24機種のうちスマートフォンは14機種。タッチパネルに対応したBlack Berry 9900も発表されたのですが、発売は来年2月~3月ということでちょっとがっかりではあります。

そんなドコモのスマートフォンですが、厳しいことを言うとみんな似たり寄ったりでほとんど魅力を感じません。一つ一つの端末はXi対応でデュアルコアだったり、ガラケー機能全部入りだったり、外観が女性向けに可愛くなっていたりと、それなりなのですが、正直それだけ。サイトの説明を見てもスペックや外観だけ強調して、「どーだ、すごいだろう!」と言っているように思います。

これはドコモだけの問題はないのかもしれませんが、スペックだけを強調して、その端末で何ができる、どんなメリットがあるということがまったく伝わってきません。余談ですが、最近のXiタブレットのCM、あれを見て「欲しい!」と思う人はいるのでしょうか?私があのCMを見た感想は「何を言いたいのかわからない」でした。反対にiPadのCMはスペックには触れていませんが、iPadを買うと何が出来るのかということが良く伝わってきて、「思わず欲しいかも」と思わされてしまいます。

閑話休題。そんなわけで、今回発表された端末については取り立てて何か書く気が起きなかったのですが、最後にサプライズ的に発表された、明日SamsungとGoogleから正式に発表されるNexus Prime(Galaxy Nexus)を11月に発売するという話はちょっと興味を惹きました。NexusシリーズはAndroidのリファレンスモデルという位置づけのGoogle自社ブランド端末です(明日発表されるのはAndroid4.0 Ice Cream Sandwichのリファレンスモデル)。これまでのNexus One、Nexus Sは国内販売はありませんでしたが、ここにきてのドコモからの発売というのは、やっぱりiPhone対抗という意味合いが強いのでしょうね。

タグ: ,

back to top