フレッツ光の光iフレームがやってきた ― ソフトのレビュー

iframe1

前回は外観のレビューでしたが、少しだけ使ってみたので、今回は中身のレビューです。

まずホーム画面はこんな感じ。この状態で左にスワイプすると写真のスライドショーが始まり、フォトフレームとして使えます。

iframe2

アプリの追加は、専用のフレッツマーケットから行います。有料アプリを購入した場合は、フレッツ光の使用料と一緒に請求がくるようです。

iframe5

標準のカレンダー。予定があると鉛筆マークが表示されます。週表示はできず、1日表示と月表示のみです。なお、Googleカレンダーとの同期も可能です。

iframe8

以前はYoutubeのアプリは入っていなかったようですが、今回のものは初めから入っていました。

iframe7

ただし、試した動画すべてでエラーがでて視聴できませんでした。見れる動画はあるのでしょうか?

iframe9

ブラウザは読み込みが若干遅いですが、割と普通に使えます。ただし。Flashには非対応です。

iframe_key1

日本語入力は、おそらくOpenWnnを改造したもの。一見それなりに使いやすそうですが……

iframe_key3

文字種の切り替えを選ぶ度にこの画面が表示され、非常にうざい。

iframe_key4

キーボードはQWERTYスタイルの汎用型キーボードといわゆる携帯型キーボードがあり、アルファベットの携帯型キーボードは普通ですが(フリックはできません)、

iframe_key2

ひらがなの携帯型キーボードは、なぜか強制的に50音入力です。ぜんぜん携帯型じゃない。なお、汎用型ではローマ字入力になっています。そしてこの状態から数字を入力しようとすると、またキーボード選択を行ってからでないとできません。せめてトグルで遷移してください……。

駆け足な紹介でしたが、大体雰囲気はわかるんじゃないかと思います。せめて反応速度がもう少しよければまだ使えるのですが……。

タグ: ,

back to top