auの秋冬モデル発表 MEDIAS BRがちょっと気になる

au

auから秋冬モデルの発表がありました。

KDDI、沖縄セルラーは2011年10月上旬以降、auのスマートフォン「IS series」の新ラインアップ6機種とauケータイ3機種、タブレット1機種、データ通信端末1機種を順次発売します。

今回の「IS series」は、6機種中4機種がWiMAXを搭載したテザリングも可能な高速通信モデルです。デュアルコアCPUを搭載し快適な操作性を体感できるモデルや、防水やおサイフケータイ®、赤外線通信などに対応した日本仕様のモデルを取り揃えました。これにより、ウェブや動画の閲覧を快適にお楽しみいただけるほか、使いやすい操作性を実現しました。

auの2011秋冬ラインアップについて

スマートフォン6機種は発表前にバレてしまったりしていましたが、それでも魅力あるラインナップだと思います。

世間的にはEVO 3D、ARROWS Zあたりが人気のようですが、どちらか買うならEVO 3Dかなぁ。いわゆるガラスマ機能(おサイフ、ワンセグ、赤外線)はありませんが、グローバル端末なので何かあってもxdaあたりをチェックしていればなんとかなりそうな気がします。

ただ、今回のラインナップで気になったのはEVO 3Dではなく、MEDIAS BR(IS11N)です。WiMAX非対応ということもあって扱いはとても地味ですが、防水防塵におサイフ、ワンセグ、赤外線と全部入りです(防塵は今回発表の6機種中ではMEDIAS BRのみ)。そしてなんといっても4インチオーバーの大型端末の中で3.6インチとコンパクト。幅が60mm以下なのもこの機種だけです。

残念ながら、Xperia Ray同様、女性向けというのを前面に押し出されちゃってるので、おじさんには敷居が高いのですが、EVO 3D以上に欲しい端末です。出来たら性別とか使うユーザー層を限定するようなマーケティングはやめてもらえないですかねぇ……。

タグ: ,

back to top