Androidを採用したウォークマン、Z1000シリーズは12月10日発売

002l

SonyからAndroidを採用したウォークマンが発表されました。

ソニーは13日、「ウォークマン」のフラッグシップモデル「Z1000」シリーズを発表した。発売は12月10日。価格はオープンで、推定市場価格は64GBメモリ搭載の「NW-Z1070」が43,000円前後、32GBメモリの「NW-Z1060」が33,000円前後、16GBメモリの「NW-Z1050」が28,000円前後。なお、Z1000シリーズ専用のオプションとして、オーバーヘッドタイプのノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-NWNC200」も同時発売される。こちらも価格はオープンで、推定市場価格は18,000円前後。

ソニー、ウォークマン初のAndroid OS搭載機「Z1000」シリーズをリリース

先日、SonyEricssonが発表したウォークマンブランドのスマートフォンではなく、純粋なウォークマンです。当然ながら3G回線には非対応。Androidのバージョンは2.3でAndroidマーケットにも対応しているとのこと。

ノイズキャンセリング機能を本体に搭載していたり、音質にこだわった各種機能があったりするのですが、純粋にAndroid端末として見たときにも、プロセッサーにNVIDIA Tegra 2(1GHz)、RAMは512MB、GPS/電子コンパス/Gセンサー搭載と最近のハイエンド機同等のスペックを持っています。ネットはWiFiルータ経由で行っているという人にはウォークマンとしてではなく、3G非対応なスマートフォン(Phoneではないですけど)として購入するのもありですね。っていうか、16GBが28,000円なら1台欲しい。

このZシリーズ、Sony自身もウォークマンというよりはAndroid端末として使われることを想定しているのではないかと思います。でないと、わざわざこんなスペックにはしてこないんじゃないかなぁ。

Sony tabletのPシリーズといい今回のウォークマンといい、最近のSonyは一昔前のトンガッタ雰囲気を取り戻しつつある気がします(もちろん、いい意味です)。

タグ: ,

back to top