IS12Tの価格暴落っぷりがすごい

IS12T

8月25日に発売されたばかりのauのWindowsPhone7.5端末、IS12Tですが早くも白ROMの価格が2万円台になってきました(エイヤー!での価格)。

発売時の価格は新規が73,500円、MNPで57,750円。毎月割の総額が38,400円でこれを適用した実質価格は新規35,100円、MNP19,350円でした。

ただ、発売直後からMNP一括9,800円なども登場し、一部では早くも一括0円で販売されていたとの情報もあります。これに加えて、発売から2週間足らずで白ROMが2万円台。ヤフオクでは5日時点で2万円台になっていたようです。

「auの端末は定価で買ってはいけない」とネットで言われているのも納得の暴落っぷりです。今月末には一括0円が当たり前になってしまうんでしょうか?

SMSが使えない時点でメイン機には成り得ないけど、新規一括が1万円以下で、IS01のように8円維持が可能なら新規契約で欲しいな。それ以外であれば、やっぱり白ROMで買うと思います。

タグ: , ,

back to top