PDF形式での保存に対応した Boogie Board Rip発表

boogie-board-rip-angled-front-resized

ドイツで開催されているIFA 2011で、ついに保存できるブギーボードが発表されました!名称はBoogie Board RIP(Record. Image. Preserveの頭文字)。

Named the Boogie Board Rip™ LCD Writing Tablet, it is the newest model to join the rapidly growing line of paperless, environmentally-friendly eWriters from Improv Electronics that utilize Kent Displays Reflex™ No Power LCDs. The Boogie Board Rip tablet (Rip stands for Record Image. Preserve.) combines the exceptional writing experience inherent of all Boogie Board tablets with the ability to save notes or illustrations and then transfer them to a computer for editing, organizing, archiving and/or sharing. Saved images are stored as .pdf files in the tablet’s internal memory and can be uploaded to a PC through its micro USB port.

Improv® Electronics Slated to Unveil Highly Anticipated Boogie Board™ eWriter with Save Capabilities at this Week’s IFA Show in Berlin

まだ詳細は不明ですが、現在わかっていることは、

  • LCDサイズは9.5インチ。従来の8.5インチ、10.5インチのちょうど中間です。
  • バッテリは8.5インチの使い捨て、10.5インチの乾電池式から充電式に変更。通常使用で1週間持つとのこと。
  • 書いた内容はPDF形式で保存され、USB経由でPCに転送可能。
  • スタイラスホルダー、消去防止ロックは従来どおり。
  • 11月1日出荷開始

という感じ。値段は不明ですが、おそらく$100以下で出てくると思います。

boogie-board-rip-close-up

アップの写真をみるとSAVEボタンがあるので、保存自体はsaveボタンを押すことで明示的に行うようです。本体にPDFを何枚程度溜めておけるのかは不明ですが、保存したファイルの再利用はできそうにないですね。USB転送というのが若干面倒なので、Bluetooth、WiFiが欲しいところですが値段(まだ出てないけど)を抑えるために切り捨てられたのかもしれません。

予想通り、でるでる詐欺状態のNoteslateよりも早い登場となりそうですが、これでNoteslateの立場はさらに苦しくなりましたね……。

タグ: ,

back to top