ありそうでなかったインターバル撮影専用カメラ 「レコロ」

news046

ポメラを初めとする、かゆいところに手が届く(かもしれない)アイテムを販売しているキングジムから、ありそうでなかったインターバル撮影用カメラが登場します。

キングジムは、植物の成長や風景などのインターバル撮影が手軽に楽しめるインターバルレコーダー「レコロ」を9月26日に発売する。価格は6930円。カラーバリエーションはオレンジとホワイト。

インターバル撮影を手軽に――キングジムの「レコロ」

どんな撮影が出来るのかはサンプルを見るのが手っ取り早いです。

雲の撮影とか面白そうですねぇ。あさがおの撮影もいい感じです。夏休み前に発売されていれば、自由研究に大活躍だったかも。

まぁ、こういう使い方であれば、PCにつなげたWEBカメラなんかでもいいのですが、レコロの特徴は防雨性能と電池駆動でしょう。この2つのお陰で野外でも気楽に使えます。そして3秒間隔で2000枚、24時間間隔で365枚という電池持ちは、3秒間隔なら1時間40分、24時間間隔なら1年間(!)の連続撮影に耐えられるということです。何か目標物(富士山とかスカイツリーとか)を決めてセットしておけば勝手に撮影し続けてくれるんです。ただ、撮影した画像は1枚ずつの静止画としては取り出せないため、1年連続撮影とかは実質的には向いていないとは思います。ぱっと思いつくのは、ありきたりだけど雲の様子や、車の流れ、蜂の巣の定点観測、植物の発芽の様子の撮影とかですかね。

値段がもう少し安ければ、というのが本音ですがこれは欲しいなぁ。今年の秋冬はYoutubeにインターバル撮影した動画があふれるのかも。

タグ: ,

back to top