ブラザーからスカウターが発売。でも戦闘力は測れません。

atrscouter

「戦闘力…たったの5か…ゴミめ…」のドラゴンボールの世界まであと少し、という感じのかっこいいデバイスがブラザーから発表されました。

ブラザー工業株式会社(社長:小池利和)は、このたび、ヘッドマウントディスプレー「AiRScouter(エアスカウター)」の事業化を決定いたしました。
本製品は、日本電気株式会社(社長:遠藤信博、以下:NEC)の現場業務向けウェアラブルコンピュータ端末「Tele Scouter®(テレスカウター)」のディスプレーとして既に採用が決定しており、今秋より国内販売子会社であるブラザー販売株式会社(社長:片山俊介、以下:ブラザー販売)を通じてNEC向けに出荷を開始いたします。加えて、ブラザー販売において、システム開発・構築会社を対象に営業活動を開始し、工場での組立作業支援をはじめとする産業用途での販売拡大を目指してまいります。

シースルー型ヘッドマウントディスプレー「AiRScouter」の事業化を決定

性能的には「1m先に16インチのフルカラー画面」というヘッドマウントディスプレイではお馴染みのわかるようで、やっぱりよくわからない表現ですが、そこそこの性能ではあるようです。

残念ながら戦闘力は測れず、しかも企業向けということですがブラッシュアップしたものを一般販売してくれることを望みます。黒いディスプレイ部分をもう少し小さくして欲しいかなぁ。

overview

これにLooxcieとか組み合わせたら最強なんじゃないかと思うんだけどどうだろう?ところで、Looxcie、久しぶりに見に行ったら黒くなってた。前の白いデザインのほうが好きだったなぁ。

タグ:

back to top