Noteslateのその後 公式サイトが更新されたものの、実機はいまだ見れず…

noteslate_intro

公式サイトが更新されました。しかし、すべて画像。Noteslateで描いたってことなんですかね?とりあえず、読みにくいのでテキストにしてみました。誤字脱字はあるかもしれないので参考までに。

色々と言い訳がましいことが書かれていますが、結局は今週中に今後の予定を公開するということのようです。

Dear Friends,followers,supporters all of us know, there were many emotions comments, feedback, ideas and stories about Noteslate. Thank you for it, and sorry for it. We understand it. We have been living for this idea intensively for last 6 months and working on real noteslate. this creates the way, how things were going in past half an year with noteslate. At the beginning there was just idea of electronic paper. No hoax, Scam or fake. Just concept for unique unknown product, we wanted to bring into reality. This noteslate device, globally. We launched this amazing discovering trip with you, started development, to bring you this device. And not just that. In the process we learned many things, solved some of them, and some of them missed. We discovered in details fields of electronic paper potential, its social importnce, fileds of usability, market, new paper interactivity, paper sharing visions and new handwriting consequences. All of this on noteslate, pencil and paper.

The sketching on noteslate is great beginning of this future. Drawing, writing, do whatever slating across globe will bring many new aspects of handwritten creation, communication and interaction. This for ages known experience now enters new levels, socially and technologically. And you are part of it. Thank you for your attention, care and thousands of expressions.

We decided to redefine paper, in much wider angle we thought, to define slate, to bring you handwriting technology with its freedom and open-source ambitions, and we go for it.
We are not ready to update these informations at once today. Subject of our development stage, prototype, display, technology, technical details, photos, videos, product range, accessories, connectivity, firmware programming, device manufacturing, handwritten network, notes late sdk, extensions, 1-bit world, ordering, distribution, reversal marketing and product development, pricing, start-up and corporate info, team, people, hand writing interactivity and publishing, SLATE CATEGORY, future and outernet visions, … We have been solving that, and we want to share with all of you in couple of next days, these ideas and progress we made. Just because noteslate is becoming reality. Thanks to you, people out there, friends, community, supporters and our fans. Sorry we didn’t have time to reply. From vapor, from water, from blank sheet of paper, from sharing, from you, just from idea.

Anywhere this project or the slate(eWriter) market will develop into, we wish, you will remember noteslate as the ideal vision for the new paper medium – SLATE, for future open-society communication device, privacy and hand written network principles. We can build this vision into reality, although it will be very hard and risky area we are flying in. Timing is very tight. We know now we are able to make it. We believe this. believe in us.

The Noteslate ideas are the basics, the best thing we can offer you now, the wireframe of ideas to think about. Just give us time please for process and to prove, we are on the right way with all of this. We will show you this week our steps we made already.

Thank you very much.
Stay tuned for updates coming soon.

NOTESLATE

とりあえず、適当訳。

親愛なるみなさん、フォロワーの方々、サポーターの方々へ
Noteslateへの多くの感情的なコメントやフィードバックやアイデアが寄せられました。私たちはそのことに感謝するとともに、申し訳なく思っています。この6ヶ月間、noteslateのアイデアを生きがいとし、noteslateの開発に取り組んできました。その過程で、noteslateとともに過ごした半年間で、いろいろなことがおきました。始めは、だたの電子ペーパーというアイデアだけでした。悪ふざけや詐欺や偽物ではありません。誰も見たことがないようなユニークなコンセプトですが、私たちはこのNoteslateというデバイスを全世界に向けて、現実のものにしたかったのです。私たちはこのすばらしい発見の旅をあなた方と共にたちあげ、あなた方にこのデバイスを届けるために、開発を始めました。それだけではありません。その過程で私たちは多くのことを学び、それらを解決し、いくつかの失敗もしました。私たちは電子ペーパーという分野の可能性、社会的重要性、使いやすさ、市場、新しい紙の双方向性、紙を共有するということ、新しい手書きの重要性を発見しました。それらはすべて、noteslateと紙と鉛筆のおかげです。

noteslateの上で書くということは、すばらしい未来の始まりです。描くことでも書くことでも、なんであれ世界を超えて書き残すということは、手書きの制作、コミュニケーション、相互作用の新しい側面をもたらすでしょう。経験的に知られているこれらのことは、社会的にも技術的にも新しいレベルに到達します。あなたもその一部なのです。お気遣い、注意、そして幾千もの表現をありがとうございます。

私たちは、私たちが考えていたよりも遥かに広い意味で紙を再定義し、スレートを定義し、自由とオープンソースの大志のある手書きの技術を届けることにしました。
私たちは、それらの情報を今日、一度に更新する準備が出来ていません。開発段階、試作品、ディスプレイ、技術、詳細仕様、写真、ビデオ、製品範囲、アクセサリー、繋がりやすさ、ファームウェアのプログラム、デバイスの製造、手書きのネットワーク、notes late SDK、
拡張性、1-bit world、注文方法、
流通、reversal marketing 、製品開発、価格付け、スタートアップ、会社の情報、チーム、社員、手書きの双方向性と配信性、Slateというカテゴリー、未来、そしてアウターネット構想…。私たちは環境を整え、それらのアイデアと進捗の全てを一両日中に公開したいと思っています。Noteslateは現実に成りつつあるのです。
あなたや友人、コミュニティー、サポーター、そして私たちのファンの全ての人に感謝します。申しわけありませんが、返事を書く時間がありません。

このプロジェクト、あるいはslate市場はどこでも発展するでしょう。私たちはslateという新しい紙媒体の理想的なビジョンとして、今後の開かれた社会のコミュニケーション端末として、プライバシーと手書きのネットワークの原点としてnoteslateが記憶去れることを望んでいます。私たちはこのビジョンを現実にする事ができます。もちろん、それは非常に困難で、危険に飛び込まなければなりません。タイミングもとてもタイトです。私たちにはこれができる。私たちはそう信じています。私たちを信じています。

Noteslateのアイデアは基礎であり、現在提供できるもっともよいものであり、私たちが考えているアイデアの枠組みです。私たちが正しい道を歩んでいることを証明するために時間を下さい。今週中に既に作った道筋をお知らせするつもりです。

どなたか添削していただけるとうれしいです。

結局のところ、壮大な言い訳をしているだけで、要点は間に合わなかったから時間をくれよということですね。明日には公式サイトを更新するという発言もしていましたが、本当に大丈夫ですかね?

タグ:

back to top