Xperia ray発表。日本でも発売予定とのこと。

Xperia ray_CA02_Black_SCR1

既に2日遅れの情報ですが、個人的にとても気になる端末なのでご紹介。国内でもdocomoやauからXperia arc / acroを展開しているSony Ericssonから新たな端末、Xperia ray、Xperia activeが発表になりました。

2011年6月22日(シンガポール)- ソニー・エリクソン ・モバイル・コミュニケーションズは、スタイリッシュな超硬アルミ合金のフレームと3.3インチパネルを採用した厚さ約9.4mmのスリムで美しいデザインに、最新のAndroid OS 2.3と「モバイルブラビアエンジン」、有効810万画素「Exmor R for mobile」センサーを搭載した 『Xperia™ ray』 を含む、Xperia™シリーズのスマートフォン2機種を発表しました。

ソニー・エリクソン、スリムで美しいデザインが特長の
『Xperia™ ray』を含むXperia™シリーズ2機種とフィーチャーフォン、アクセサリーなどを発表

activeの方はおいておくとして、rayは日本での発売も予定しているとのこと。これまで、urushiというコードネームで呼ばれていた端末です。世界向けにQ3発売予定なので、国内では秋モデルとして登場するものと思います。

これまで日本で発売されるAndroid端末は4インチオーバーの大型液晶を採用したハイエンド、小さめのいかにも安っぽいエントリークラスの両極端しかなかったため、ミドルエンドのrayの登場は素直に喜びたいです。

スペックとしては

  • 111 x 53 x 9.4mm
  • 重さ100g
  • CPU:1Ghz
  • カメラ:8.1メガピクセル
  • ディスプレイ:3.3インチ(854 x 480)
  • バッテリ:1500mAh

という感じ。基本的にはXperia arcと同等スペックです(ディスプレイは除く。ただし、解像度は同じです)。これだけでもかなり期待が持てますね。

それにしても、ソニエリはAndroid端末を何台出す気なんでしょうか。今年に入ってからだけも、Xperiaシリーズはarc、acro、neo、play、mini、mini pro、ray、activeと8機種も発表になっています。それでもneoとrayのポジションが被るかな?という以外は住み分けが出来ているのは流石です。日本での展開も積極的なようなので、この勢いでmini、mini proも是非投入して欲しいところです。

タグ:

back to top