プラレールアドバンス

plarail advance

先日、Twitterで知ったのですが、秋にプラレールアドバンスというのが発売になるようです。

写真を見てわかるようにプラレールに対してサイズが小さく、通常のプラレールの半分サイズになっています。そして、プラレールのレールをそのまま使い、複線化を実現しているようです。プラレールを複線化しようとすると結構なスペースが必要になるし、それようの線路を買い足したりしなくてはいけないので、これはうれしいですね。

実物はゴールデンウィークに行われていたプラレール博で展示されており、それを見た人のブログによれば、「本体はダイキャスト製でプラレールよりもリアルな感じになっている」らしいです。小学校高学年あたりのプラレールをそろそろ卒業して、Nゲージや他のおもちゃに移ろうとしているお子様がターゲットだと思いますが、プラレール好き(というか電車好き?)な親も楽しめそうです。かくいう私は、プラレールがそんなに好きなわけでもないですが、子供と一緒に線路を組み始めると、子供そっちのけで夢中になっていることもあったりします。

あと、東京駅の地下街にプラレールのオフィシャルショップができたようです。ただ、プラレール関連はネットで買ったり秋葉原でかったりすることが多いのでいく必要はないかな?うっかり子供をつれていくと、おそらく遊べるようになっているスペースがあると思うので、そこに捕まると思うし・・・。

タグ: ,

back to top