手回し充電器を買ったみた

IMGP7663

昨夜も千葉で大きな余震(?)がありましたが、震災はまだまだ予断を許さない状態です。そんな中、情報源として携帯、スマートフォンは超重要。というわけで、ダイナモ発電の手回し充電器を購入してみました(はじめに断っておきますが、もちろんネタとしての購入です)。

いくつかのタイプがあるようですが、私が購入したのはUSB出力のタイプ。au、FOMA、microUSBのアダプタが付属していましたが、もちろん手持ちのUSBケーブルも使えます。

早速Desire Sで充電を試してみました。約3分間、1~2回転/秒のペースで回したところ、充電中の表示にはなるものの充電されたのかどうかはわからず・・・。充電中になるとハンドルがものすごく重くなるので発電はされているようです。他のサイトでは、「1分間に100~120回転させる」と書いてあったのですが、正直言って、そのペースで数分間回し続けるのは、ハンドルが重いのと本体が小さく持ちづらいので、まず不可能です。それ以前の問題として、そんなペースで回したら壊れます。1回転/秒のペースでも充電中は中のギアが空回りするのがわかります。さらに早いペースではガリガリという音とともに盛大に空回りしてしまいました。

ところでこの充電器、どれくらいの出力があるのかどこにも記載がありませんが、実測してみたところ、1~2回転/秒で5~6V 200~250mAという感じでした(使ったテスターが250mAまでしか測れなかったので、実際にはもう少し出てるかも)。通常のUSB出力は5V 500mAなので少し足りていないですね。なので、充電できない機種もあるはずです(iPhone4はダメだそうです)。

IMGP7670

せっかくなので分解。ギアが5枚あるのですが、最後の1段以外はギア比1:1なので単にハンドルの位置の問題のようですね。ここをもう少し考えればもっと使い物になる製品になったんじゃないかな・・・。なお、各歯車のシャフトは特に固定されているわけではなく、ケースに乗っているだけなので、結構動きます。これがギアが空回りする原因ですね。

IMGP7671

ついでに基盤の表側も。この部分だけ取り出して何かで遊べそうな気がします。あと、この写真だとダイナモの型番らしきもの(DJ903Y D9130A)がわかりますが、検索しても引っかかりませんでした。DJ903Yだけならいくつかのモータが出てきましたが、D9130Aの方がわかりません。

という感じの手回し充電器ですが、値段相応の作りと性能のようです。通常の携帯であれば充電可能らしいので、本当に最後の手段として防災袋に入れておくのもありかも知れません。まぁ、その場合は携帯を充電できる手回しラジオなどの方が実用性はあると思いますけど……。

タグ:

back to top