HTC Desire Sがやってきた(外観)

IMGP7598

Desire Sレビューの続きです。今回は外観。

Desire Sはsoftbankからも出ている(出ていた、かな……)Desire(X06HT/X06HTII)の後継機にあたります。3.7インチ液晶なのも同じ。ただし、前面には先代Desireのような光学ポインタ、ハードキーはありません。ホーム、メニュー、バック、検索の各ボタンはタッチ操作になっています。なお、Desire向けの液晶保護シートを貼りつけてみましたが、上下が若干足りないものの、タッチ操作のボタンを含めて液晶部分は保護することが出来ました。そのうちDesire S向けの保護シートも流通すると思うので、それまでの繋ぎには十分使えそうです。

筐体はアルミ製で見た目も持った感じも質感は非常に高いです。この辺はさすがHTCといったところですね。

IMGP7599

背面は5MのカメラとLEDフラッシュ、スピーカ。上下の色が薄い部分はラバー調になっています。アルミユニボディ成型のため、一般的な所謂バッテリカバーはありません。

IMGP7616

バッテリ交換や、SIM、microSDは、筐体背面下部のカバーを外して行います。

IMGP7608

左側面はボリュームとmicroUSB。

IMGP7609

右側面には何もありません。

IMGP7612

上面は3.5mmオーディオジャックと電源ボタン。

IMGP7613

底面はマイク穴だけです。

残念ながらストラップホールはありません。背面下部のバッテリカバーを外したところにあるネジと共締めする形でストラップを付けられそうですが、カバーの加工が面倒かも。

次はソフトについて書く予定です。

タグ: , ,

back to top