LED照明に変えると節電できるのか?

昨日、Twitterで学校、企業の蛍光灯をLEDに置き換えれば節電になるという話を目にしました。東京電力管轄の地域ではどうやら夏以降も計画停電、節電が必要な状況のようです。東電の対応はひとまずおいて置くとして、(できるだけ生活を変えないで)家でできる節電方法としては家の照明をLEDに変えるとというのもありかな、っと思いちょっと調べてみました。

まず、現在の照明について。我が家では以下のようになっています。

40Wハロゲンランプ x 3個 x 4時間/日 = 480Wh/日
60W電球 x 2個 x 5時間/日 = 600Wh/日
60W電球 x 5個 x 0.5時間/日 = 150Wh/日
40W蛍光灯 x 1個 x 3時間/日 = 120Wh/日
32W丸型蛍光灯 x 2個 x 0.5時間/日 = 32Wh/日

トータル 1382Wh/日

なお、それぞれ厳密に調べたわけではなく、大体これぐらいだろうという予想です。うちの1ヶ月の電気使用量は大体400kWh前後なので、1日あたり13kWh、およそ1割が照明の電力ってところみたいです。

これをLED照明に変えた場合を考えます。厳密に計算するのは面倒なのでLED電球については消費電力5W、蛍光灯については消費電力半分として計算します。

5WLED電球 x 3個 x 4時間/日 = 60Wh/日
5WLED電球 x 2個 x 5時間/日 = 50Wh/日
5WLED電球 x 5個 x 0.5時間/日 = 12.5Wh/日
20WLED照明 x 1個 x 3時間/日 = 60Wh/日
16WLED照明 x 2個 x 0.5時間/日 = 16Wh/日

トータル 198.5Wh/日

おおよそ14%程度まで消費電力を圧縮(1日あたり1100Whの節電)できるようです(うちはメイン照明で電球を多く使っているのでこんな結果ですが、一般家庭では蛍光灯の方が多い気がするので50%近くになるんじゃないかと思います)。1kWh単価を約23円として考えると1日あたり25.3円、1ヶ月で784.3円の節約にもなります。…なんか微妙。

毎日何万kW足りないとか言われているのでものすごく微々たる効果ですけど、それでも100万世帯が実行すれば100万kWhの節電です。企業や工場、学校など照明数が多いところが実行すればもっと効果はでるんじゃないでしょうかね。

ただ、問題はイニシャルコスト。LED電球は1個約5,000円、蛍光灯の置き換えでは専用器具ごと交換なので約2万円かかります。うちの場合だと

LED電球 x 10個 = 5万円
蛍光灯置き換え x 2箇所 = 4万円

トータルで9万近い金額が必要です。ざっくりと1ヶ月800円の節約ができるとして、年間約1万円。元をとるのに9年近くかかりそうです。まぁ、電球よりも寿命が長いことを考えればもっと早く回収はできると思いますけど。

う~ん、日本経済をまわす為にも必要な出費かなと思うけど、いきなり全部交換はやっぱり痛い。とりあえず、使用率が高い部分だけでも交換しようかと思います。

なお、上記の計算、考え方について、根本的な勘違い、計算ミスをしている可能性もあります。そんときはやさしく指摘してください。

タグ: ,

back to top