DTIから月額2,980円(だけど実質3,660円)のデータ通信サービスが登場

dti

昨日発表されたFOMA網を使ったDTIのDTI ハイブリッドモバイルプラン、月額2,980円で安く感じます。通信速度も同様にFOMA網を使った日本通信のU300が300kbpsなのに対して、7.2Mbpsということで段違い。まぁ、これは理論値なので実際には1Mbps以下、あるいは300kbpsということも十分に考えられますが期待はしたくなります。

ただし、料金については日本通信とは条件が違うので注意が必要です。まず、端末のレンタル料が毎月680円必要です。なので、月々の料金は3,660円となります。日本通信のようなSIMだけの契約はできません。また、2年契約の縛りがあり、途中解約の場合は残り月数×1,785円(1155円+レンタル料630円)の解約金が必要になります。

こうやってみると、それほど安いわけではありません(MiFiは1年契約で月々3,990円、日本通信U300は1年契約で月々約2,483円)。回線速度についてもMiFiも7.2Mbpsをうたっているものの、実質的にはかなり遅くまったく繋がらないという話もちらほら聞きます。どの程度の速度が出るのか(そして維持されるのか)は使い始めてみないとわかりませんが、使い始めて駄目だったとしても2年契約の縛りがあるので解約するにもお金がかかる・・・という状況になります(もちろん大満足という結果を期待していますけど)。

やっぱり2年縛りというのはユーザーからするとリスキーですね。提供側は少なくとも2年分の費用は回収できるのでいいのでしょうけれども。願わくは、SIMのみ契約、単月契約が可能なプランの登場を期待したいです。ただ、海外では転送量無制限のプランは徐々に減ってきているというニュースを見た気がします。iPhone、Androidのようなスマートフォンが普及するにつれて通信データ量が増大しているのでしょうね。今後は日本でも転送量の上限付きプランが登場してくると思います(まちがっても実質上限張り付きの2段階性などではなく)。大量に通信する一部ユーザは割高になる可能性もありますが、上限を細かく区切っていくつかのプランが選べれば、大多数のユーザは通信費を安くすることもできるんじゃないかなぁ?

タグ: , ,

back to top