2011.1.20

VAIO typeZのメモリを8GBに換装

IMGP7107

先日SSDに換装したVAIO typeZ(VGN-Z90S)ですが、もともとメモリを4GB搭載していました。カタログ上でも最大積載メモリは4GBということになっていますが、これはVGN-Z90Sに64bitOSのモデルが用意されていないためのようで、実際には4GB以上搭載可能です。64bitのWindows7をインストールしたことだし、せっかくなので8GBのメモリに換装してみました(32bitOSでは3GBまでしか認識しないので注意)。

使用したメモリはシー・エフ・デー Elixir SODIMM CL9 4GB 2枚セット。4GB×2枚の合計8GBですが、Amazonで7480円ととても安かったです。このメモリだけずば抜けて安いのかとおもったら、Buffaloなども8GBが1万になっていました。ちょっと前までノートのメモリといえば1GBで2万近くしてた気がするんだけどなぁ。

そんなわけで、換装自体は差し替えるだけで簡単に終了しました。が、せっかくなので8GBのうち2GBをRAMディスクとしてTEMPファイルをこちらに移してみました。使用したのはDataram RAMDiskというソフト。SSD化する前には別のソフトを使っていましたが(なんていうソフトだったかは忘れました・・・)、64bitのWindowsに対応しているフリーソフトはこれぐらいしか見つけれませんでした。なお、窓の杜でも紹介されていました。

RAMディスク作成後、環境変数のTEMP、TMPのパスをRAMディスクに変更すれば作業完了です。もともとSSD化していたのもありますが、ほとんど気休め程度の違いしかわからないですけどね・・・。動画の変換とか重い作業をすればちょっとは違いがわかるかも。

タグ: , ,

back to top