12月に読んだ本

12月に読んだ本のまとめです。

先月に引き続き、通勤中に英語の勉強をしているので読書量は少なめ。一応、帰りは本を読むことにしたので先月の1冊よりは増えて5冊です。

誰も教えてくれないお金の話
うだひろえ / サンクチュアリ出版 ( 2010-10-29 )

この国を出よ
大前 研一, 柳井 正 / 小学館 ( 2010-09-29 )

「誰も教えてくれないお金の話」はマンガ形式のためお金にまつわる話が非常にわかりやすいです。「この国を出よ」は日本の経済はもうダメ、国内に固執せず、どんどん世界に出ないと日本という国がダメになるという話。経済大国、先進国なんて言われていましたが、実際にはアジアの新興国にも抜かされて、かなり落ち目の国であることは間違いないです。世界から相手にされなくなる前に日本企業の存在感をアピールすべき。日本経済がいずれ上向くなんて幻想です。

1月も引き続き英語の勉強に集中する予定。だけど12月同様5冊程度は読みたいなぁ。

タグ: ,

back to top