Pogoplugがやってきた

IMGP6788

pogoplugがやってきました。11月1日に米Amazonで購入。日本へは発送してくれないのでスピアネットに転送を依頼しました。本体が$74.99(6,267円)+送料1,000円。スピアネットが$35(2,882円)でトータル10,149円でした。転送サービスは本体価格が安いものは割高になってしまうので、何個かまとめて頼むとかしたほうがいいですね。

で、pogoplugですが、入っているのは本体、電源ケーブル、LANケーブル、URLの書いてある紙の4つだけ。接続方法とか、マニュアルなんかもありません。潔し。

pogo

書いてあるURLにアクセスすると、こんなオンライマニュアルのような感じになり、ケーブルの接続などが指示されます。STEP1~6までありますが、基本的にはクリックして行くだけ。最後のSTEP6でメールアドレスやパスワードを登録します。最終的に登録したアドレスにメールが来るので、その中のURLにアクセスすると登録完了。pogoplugが使用可能になります。

詳しい仕組みはわからないのですが、ルータなどの設定をしなくても外部からpogoplugにアクセスできています。うちは自宅サーバで公開しているので外部からのアクセスは基本的にサーバに行くようにしていますし、不要なポートは塞いでいます。この状態でアクセスできることから、pogoplugからpogoplug.comに常時セッションを張り、my.pogoplug.comにアクセスした際にサーバ経由でpogoplugにアクセスしているのだろうと思います(ルータのログを見ればわかると思うのであとで観てみよう)。

ついでに、Windows用のソフトを入れてみたところ、「P:」としてアクセスすることができました。この「P:」ですが、外付けHDDなどのリムーバブルメディアではなく、ローカルドライブとして認識されます。なので、sugarsyncなどのリムーバブルメディアやネットワークドライブを同期先として選択できないアプリでも使うことができます。

残念ながら、pogoplugにぶら下げるHDDをまだ購入していないのでいまのところ1GBのUSBメモリで試していますが、問題なく使えています。はやく外付けHDD選ばないと…。

タグ: , ,

back to top