万年筆が欲しい病

IMGP6264

モレ本を読んでから、一時期収まっていた文房具熱が再発してしましました。そしてやっぱり万年筆が欲しい。

一時期はペリカンとかモンブランとかのドイツ製万年筆(しかもビンテージ)に魅かれていましたが、最近はアウロラとかデルタとかのイタリア製万年筆が気になります。綺麗な軸色の万年筆が欲しいなぁ。でもそこらの携帯よりも高いのでおいそれとは買えません…。貧乏が憎い。

最近ずっと使っているのは昨年購入したモンブラン145のユニセフモデル。書き味ならYARD-O-LEDの方が好みなのですが、なんとなく145に手が伸びてしまいます。たぶん、軸の太さが合っているのだと思います。

こないだ作ったペンホルダーの感じで2本差しを作って、両方持ち歩こうかな。YARD-O-LEDには赤いインクを入れて。

タグ: ,

back to top