Androidタブレット zenPadがやってきた

IMGP6003

今年の3月に注文してから約4カ月。やっと5インチAndroidタブレット、zenPadが届きました。正直、すでに諦めていただけにうれしい事はうれしいのですが、すでに生産中止が決定しているうえに今後のアップデートも行われないことが分かっているので微妙な感じです。また、既に2か月前にengadgetでレビューされているとおり、かなり残念な端末であることは間違いなさそうです。

そんなことを言っていてもはじまらないので、軽くレビュー。

IMGP6006

本体ですが、質感は悪くありません。背面はマット仕上げ。単純なプラスチックではなく、treo750の背面のような仕上げです(余計にわかりにくいかも知れないけど…)。

IMGP6011

左側面にホームボタンと電源ボタン。ふたの中にminiUSBと3.5mmオーディオの口があります。ふたの作りもかなりしっかりしていて、そこらの国産端末よりいいかも。

IMGP6016

下側にはふたの下にT-FLASH(miniSD)のスロットとリセットホールがあります。また写真一番手前にスタイラスが収納されています。写真には撮りませんでしたが、上部にはメニューボタンとバックボタンがあります。

IMGP6018

大きさ比較。上がzenPad、下がRAmos W7です。W7より一回り大きいのがわかります。

IMGP6020

厚み。zenPadはRAmos W7の倍近い厚みです。

長くなったの続きます。

タグ:

back to top