新型Kindle WiFI版は$139

kindle

アマゾンが電子ブックリーダー Kindle の新型を発表しました。6インチの標準サイズ製品としては初代から3代目にあたり、名称はそのまま「Kindle」。従来モデルとの違いは21%小さく 15%軽い新デザイン、50%向上したコントラスト、20%高速化したページ送り、ストレージが2倍 (4GB, 3500冊分)、バッテリー駆動時間が最大 1か月(無線不使用)または10日間(無線併用時)など。189ドルの3G版にはKindleの伝統である通信料無料の3G通信に加えてWiFi接続機能が追加されたほか、139ドルでWiFi 接続のみのモデルも提供されます。米国での発売は8月27日。

アマゾン新 Kindle 発表、WiFi版 139ドル・3G版189ドル

数日前からKindleが在庫切れになっており、「新型が出るのでは?」と噂されていましたが、やっぱり出ました。従来品より一回り小さくなって、デザイン的にもすっきりした印象です。そして、日本語に正式対応したようです。これはメニュー等が日本語になるわけではなく、日本語が表示できるということ。従来品はいろいろと手を加えないと日本語表示も難しい状況でしたが、これはうれしいですね。

「kindleは気になるけど、暗い所で見えないしなぁ」とか思っていたのですが、なんとオプションでLEDライト付きのカバーも出てきました(前からあったのかな?)安くなったし、1台あってもいいなぁ。

タグ: ,

back to top