借りぐらしのアリエッティを観てきた

karigurasi

借りぐらしのアリエッティを観てきました。映画を観る前に原作をすべて読んだのですが、設定こそ現代日本に変更されているものの、全体の雰囲気や大枠でのストーリーはほぼ原作通り。にもかかわらず、実にジブリっぽい映画になっていました。また、小さな子供が観ることに対する配慮なのかもしれませんが、エンドロール中も本篇から続きの映像がずっと流れており、自然と最後(エンドロールが終わって、映画館の明かりが点くまで)まで観れる工夫がされています。映画ではあるようでなかったことですね。ひょっとしたら、他の映画ではすでにやられているのかもしれませんけど。

(原作もそうですが)決してハッピーエンドというわけではなく、でも悲観的な最後でもなく、意見が分かれそうな終わり方ですが、私としては現実味があっていんじゃないかと思います。

ジブリ映画なので続編は期待できないですが、ぜひ、原作の最終巻、「小人たちの新しい家」を映画化して欲しいなぁっと思います。ピーグリーンの「本当に僕たちは安全かねぇ?いつまでも?」の部分がどうアレンジされるのか観てみたい。

タグ:

back to top