aPadの中身

apad-3

前回の外観に引き続き、aPad(調べたところ、MOONSE E7001というのが正式な名称のようです)の中身について。Androidのバージョンは1.5です。6月に2.1のファームがでるとかいう噂がありますが真偽は不明。モデル番号がsdkDemoなのはご愛敬でしょうか。

apad-1

特に変わったところがないデスクトップ画面。もちろんウィジェットやショートカットなんかも配置可能です。

apad-2

アプリ群。いくつか追加でインストールした後ですが、Pdf Reader(実体はRepligo Reader)が初めからインストールされていました。Android Marketもあります。ただ、youtubeはありませんでした。

apad-4

これがインストールされていたRepligo Reader。メニューは中国語ですが、Xperiaで使っているのでなんとなくわかります。日本語も問題なく表示可能。

apad-5

Android market。Android1.5では黒背景で地味な印象。

スクリーンショットは撮りませんでしたが、動画再生はiPad用に作ったものを問題なく再生できました。ただ、スピーカが背面にあるので音は少し小さめです。ヘッドフォンを使えば問題ないかな?ただ、バッテリーの持ちが少し悪いですね。WiFiを使っていると2時間持つかどうかという感じです。既にカスタムファームが出始めているので、これらを入れてどうなるかというところですね。

結論としては、予想以上に使えるデバイスです。iPadを持ち歩く気にはなりませんでしたが、これなら持ち歩こうという気がします。動作も早く、動画再生もこなせる優等生です。電源投入時に5回に1回くらいの割合でまともに立ち上がらないという問題がありますが(笑)、それを許せるなら買っても損はしないと思います。

タグ: ,

back to top