日本通信からSIM単体パッケージ

bmobile

docomo回線を使用し、MVNOでデータ通信サービスを展開している日本通信から、SIM単体発売がアナウンスされました(プレスリリース ※PDFへのリンクです)。

日本通信株式会社(以下、「日本通信」という)は、SIM ロック解除(以下、「SIM フリー」という)の世界的な流れを日本において強力に推進するため、SIM だけが入っているパッケージ製品、「通信電池 b-mobileSIM(ビーモバイルシム)」シリーズを、4月5日より順次発売いたします。

b-mobileSIM パッケージには、NTT ドコモ3G ネットワーク用のSIM カードが入っており、これをSIM フリー端末等に挿すことで、一定期間、例えば1年間使い放題で3G ネットワークをご利用いただけます。1年間使える乾電池のようなものなので、日本通信はこれを「通信電池」というコンセプトとして位置づけています。

1年間使い放題で29,800円、ただし、通信速度は上下とも300kbpsのベストエフォートという制限があります。金額的には、docomoのバリューコースでデータ通信をすることを考えると、月々5985円+プロバイダ料金525円=6,510円かかります。年間では78,120円。通信速度の制限があるとは言え、魅力的な金額です。300kbpsだと動画などを見るにはきついかも知れませんが、多くの人には問題ない速度ではないかと思います(速いに越したことはないけど)。

データ通信専用なので、通話やメールはできませんが(SMSはできるのかな?)、海外端末などのSIMフリー端末を使う人には有用なサービスになりそうです。でも通信電池というネーミングはどうかなぁ?

タグ: ,

back to top