普段使っている万年筆

P8140013

久しぶりに万年筆の洗浄をしたのでついでに集合写真を撮影。これが全部ではありませんが、多少なりとも使う機会があるのは、写っている奴だけです。これ以外はLAMY サファリとか雑誌のオマケ万年筆とか、怪しい中華万年筆とかです。

一番よく使っているのは、右から4番目のモンブラン114。仕事でもこれを使っています。次は左端のYARD-O-LEDバイスロイ。日記をこれで書いているので、ほぼ毎日使っています。3番目は左から5番目のペリカン400NN茶縞。たまに家で使っています。YARD-O-LEDを入手するまではこれで日記を書いていました。手持ちの万年筆の中では一番書き味が好みだったりします。常にインクを入れているのはこの3本だけ。ほんとうはインクの色を変えて(赤とか青とか)、あと数本置いておくと便利なのかもしれませんが、そこまで色分けにこだわる必要もないので現状で満足しています。

モンブラン144と142は1950~60年代のものなので、インクは入れていませんが、中のコルクが乾いて収縮しないように水を入れています(最近の144(といっても既に廃版ですが)はカートリッジ/コンバータ方式でしたが、昔の144は吸入式だったのです)。モンブランは114、142、144、146と揃えたので、ついでに145と149を入手しようかと、ちょくちょくebayやヤフオクを覗いています。これ以上使わない万年筆を増やしてもしょうがない気がしますが、そこはコレクションということで・・・。

タグ: ,

back to top