FriendFeedの良さがうまく実感できていない

少し前から、FriendFeedというサービスを使用しています。ざっくりと説明するとBlogやTwitter、RSSリーダ、Flickr等の情報を集約できるサービスなのですが、なんとなく便利そうだという程度の認識で、とりあえず登録しているという状態です。

そんなFriendFeedについて、lifehacking.jpに以下のような記事が出ていました。

先日職場で FriendFeed がブロックされることがありまして、一瞬背筋が冷たくなりました。というのも私は著名なブログはもちろん、本業で利用している学術雑誌の最新情報なども、リアルタイムでみたいものはすべて FriendFeed に仕掛けて読んでいたからです。

そのブロックはエラーだったようでほっと胸をなでおろしたのでしたが、このできごともあって、なぜ私がこのサービスにそれだけ執着しているか一度まとめておこうと思いました。まだまだ日本では認知度が低いといわざるを得ない FriendFeed がもっともりあがりますように!

情報収集と発信をその活動の中心に据えているブロガーを主に主眼として、なぜ FriendFeed を使うことにメリットがあるのか、思いつく限り7つの理由です。

ブログを書いている人が FriendFeed を始めるべき7つの理由

なんとなく理解は出来るのですが、まだ私の中ではFriendFeedの便利さがぼやけた感じです。自分の活動に関しては、いまのところ集約しなければならないほど分散させていないというのも便利さをうまく実感出来ない理由だと思うのですが、それ以前にFriendFeedの使い方がよくわかっていないというのもあったります。

とりあえず登録→よくわからないから使わない→使わないからいつまでもわからない、という悪循環にはまっている気がするので、少し気合を入れて使ってみようかと思います。ちなみに私のアカウントはこちら

タグ: ,

back to top